CONCEPTSmKの想い

みなさまへの感謝を胸に、独創性を追求していきます。

創業は1985年。私と弟のふたりではじめた会社です。私が汚れたフィルターを回収してきて、弟が狭い洗い場でゴシゴシ洗う。設備も技術も持たず、完全な手作業でした。手探りの日々が続き、頑張っても頑張ってもなかなか儲かりません。それでも毎日充実していて楽しかった。それは、お客さまの役に立てる喜びがあったからです。

苦しいときに助けてくださった方も多くいます。ある大手メーカーの方は、私たちのアイデアに「面白いね」と、製品化までの長い道のりを辛抱強くつきあってくださいました。あるお客さまは、新製品開発に行き詰まっていた私たちに、快く自社の設備を提供してくださいました。

私たちは工場を持ちません。「こんな製品があったら・・・」というアイデアを、協力メーカーさまと一緒に形にしていく。それぞれの強みを持ち寄って、融合させて、他のどこにもつくれないものを生み出す「創造力」が生命線なのです。

なぜSmKが事業を続けているかというと、一番はお世話になっている方々への「恩返し」です。ものづくりにプラスをもたらす提案で、これからも驚きを提供し続けたい。だからこそ、常にワクワクしていたいのです。働く我々が「この仕事面白い!」と思えなければ、あっと言わせる製品やサービスを生み出せませんから。

これからもSmKは「感謝、創造、融合」という理念の通り、みなさまへの感謝を胸に、それぞれの得意分野を融合させ、独創的な製品・サービスを生み出していきます。この場を借りて、引き続き変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 代表取締役 深井 昇

一歩先を行く。二歩先はいかない。

今この瞬間も、複数のプロジェクトが動いています。工業デザイナーとタッグを組んだ斬新なデザインの製品開発、IoT技術を使ったフィルトレーション装置開発、新しい機能を備えたイオン交換樹脂用カートリッジ・・・。
どれも実用化されれば、今すぐにみなさまのお役に立つものばかりです。
お客さまのこと、使う人のことを忘れて、独りよがりになってしまわないように。
二歩先はいかない。一歩先を行く。それがSmKの開発思想です。

ページトップへ戻る